不動産売買をする|マンション売却でプラスにしよう|失敗しない売却を知る

マンション売却でプラスにしよう|失敗しない売却を知る

男女

不動産売買をする

つみき

手付金は絶対的なものではない

不動産を購入契約成立時に手付金を差し出すことが一般的です。 手付金がなくても契約は有効ですが、ない場合はお互いの都合で契約を解除するにはなんら損害賠償の責を負う必要はありません。 不動産売買は手付金を差し出す(一般的に手付けを打つという)ことで契約を額相応の有効生をお互いが持つ事となります。 買い主が契約を解除するには手付金を放棄すればよく売主が契約を解除するには倍返しという方策が取られます。これで双方契約はなかったとする事が出来ます。 ところが買い主が購入の意思を示し手付金を打ったとしても買い主に違約の意思がなくても契約を履行できない場合があります。 本来的には契約の期間は一ヶ月ですが買い主側の事情によって期間の延長を求めるかキャンセルが出来る場合があります。

手付け保証という仕組み

買い主側の事情としては買う事は間違いなく履行するが、支払い金の全額が用意するのに時間が掛かったりした場合に契約履行の延期を売主側に求めることができます。 更に買い主側に契約履行できず止む負えない事情があった際、契約を手付け金を没収されることなく契約を解除できます。それを手付け保証契約といいます。 不動産のような高額な物を買うには自己資金だけでの購入は無理な場合が多いものです。そこで買い主側は住宅ローン利用で利用での支払いをすることを約束します。 ご存知のように住宅ローンを組むには住宅ローン引き受け金融機関の審査を受けます。その審査が通らなければ住宅ローンを組めなく支払いができなくなります。 その際手付金を没収されることなくは契約を解除できます。 これは不動産売買契約約款にも定められています。